「天然くえ」を使ったキャンペーン開始 くら寿司、希少な「くえあら汁」も提供

無添くら寿司 「天然くえ」

 

 回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくら寿司(堺市)は、「天然くえ」を1貫200円(税別)で提供する、旬の極みシリーズ「くえVS大とろ」フェアを、全国のくら寿司で開始した。

 今回のキャンペーンでは、長崎や福岡、鹿児島など九州地方で、主に旬の時期である12月から2月にかけてとれた国産「天然くえ」を使用したにぎりを提供する。販売期間は3月19日まで。特に脂のりが良く、おいしいとされる15キログラム以上の「特大くえ」のみを厳選し、味は白身でありながら濃厚なうま味とほんのりとした甘さが特徴だという。

 自社加工センターの強みを生かし、本来は提供が難しいとされる「あら」の部分を使った「くえあら汁」(390円)も、3月15日まで販売している。

 くら寿司によると、「くえ」は西日本で主にとれる希少性の高い魚で、中でも大型の天然物のくえは市場にほとんど出回ることはなく、養殖くえの3倍となる1キログラムあたり1万円を超える値段で取引されることもあるという。

 キャンペーン中はくえ以外にも、「熟成 大トロ」(1貫200円、販売期間は15日まで)や「贅沢(ぜいたく)大粒いくら三種盛り」(200円、期間は26日まで)、「甘えびいくら巻」(100円、期間は26日まで)なども販売している。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社