藤沢周平「三屋清左衛門残日録」シリーズ最新作、3月14日放送 時代劇専門チャンネル、北大路欣也主演

 

 日本映画放送(東京都千代田区)の時代劇専門チャンネルで、オリジナル時代劇シリーズ最新作「三屋清左衛門残日録(みつやせいざえもんざんじつろく) 新たなしあわせ」(原作:藤沢周平、主演:北大路欣也)が3月14日(土)午後7時から放送される。

 同シリーズは、藤沢周平の連作長編を時代劇専門チャンネルとBSフジとの共同制作で「登場篇」「完結篇」「三十年ぶりの再会」の3本をドラマ化。第4作となる「新たなしあわせ」は、テレビ局、新聞社、出版社など19社による「時代劇パートナーズ」として制作した。

 「新たなしあわせ」は、清左衛門の息子、娘とのエピソードを中心にした家族を巡る物語だ。出演は北大路のほか、優香、三田佳子、小林稔侍、麻生祐未、伊東四朗ら。監督は前3作と同じ、山下智彦。清左衛門役の北大路欣也は「隠居の身として暮らしながら、人への思いやりを忘れない清左衛門の魅力が、すべて盛り込まれている。現代にも通じる家族のストーリーを幅広い年代の人に楽しんでほしい」とコメントしている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社