お手軽な“小腹満たし飲料”が登場 ダイドードリンコからカフェオレタイプのゼリー飲料

ダイドードリンコ 「ダイドーブレンドクリーミーカフェゼリー」

 

 清涼飲料大手のダイドードリンコ(大阪市)は、春夏の新商品として「ダイドーブレンドクリーミーカフェゼリー」を、自動販売機などで3月16日に発売する。希望小売価格は税別115円。

 「ダイドーブレンドクリーミーカフェゼリー」は、カフェオレタイプのゼリー飲料。コーヒー豆はブラジル産とエチオピア産の豆を中心に使用しており、香料無添加。隠し味には、キャラメルとバージンココナッツオイルが入っている。

 ダイドードリンコによると「生産性向上や働き方改革に関心が集まる昨今、『仕事や勉強の合間に手軽に小腹を満たしたい』というニーズの高まりなどにより、ゼリー飲料市場は拡大している」としている。そうした中、今回の商品のような“小腹満たし飲料”に、気分転換や癒やしを求める消費者が増加していると分析している。

 ダイドードリンコは「スイーツのようなミルク感と程よい甘さで、癒やしのひとときを届ける」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社