初心者も手軽に楽しめるアロマはいかが ファン式アロマディフューザー「fandiffuser kō」

アットアロマ 「fandiffuser kō(ファンディフューザーコウ)」

 

 アロマによる空間デザインや、香りによるブランディングなどを手掛けるアットアロマ(東京都世田谷区)は、ファン式アロマディフューザー「fandiffuser kō(ファンディフューザーコウ)」を3月26日に発売する。価格は税込み3300円。取り替え用のオイルパッドは別売りで、6枚入り税込み440円。

 「ファンディフューザー コウ」は、内蔵されているファンでアロマを噴霧するディフューザー。使用方法は、オイルパッドにアロマオイルを3~5滴ほど垂らし、電源をオンにする。「アロマ初心者の人も、本格的なアロマ空間を手軽に楽しめる」という。最大拡散能力は、使用環境やオイルの種類により異なるが、約10平方メートル(約5畳)だとしている。

 アットアロマは商品の特徴について、コンパクトなボディーとパワフルなファンなどを挙げている。ファンの動作音も静かで、電池と電源ケーブルの使い分けができるため、場所を選ばず、持ち運びもしやすいディフューザーだという。

 商品名の「kō(コウ)」は、香炉から香をくゆらせるように、香りが立ちのぼり広がっていく様子や、曲線が美しい筒型の形と佇まいから名づけた。

 アットアロマは「『コウ』から広がる心地よい香りが暮らしに寄り添い、上質なアロマ空間をつくりあげる」という。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社