最新の無線通信技術でLPガス使用データを収集 ingコーポレーション、集中監視センター本格稼働

ingコーポレーション 集中監視センター「あんしんセンター」

 

 システム設計やソフトウエア開発などを手掛けるingコーポレーション(埼玉県鴻巣市)は、3月1日から最新の通信システムを利用した「LPガス集中監視センター」を本格稼働した。

 ingコーポレーションは1986年から、LPガス(プロパンガス)の使用状況などを把握する集中監視センター事業を展開している。今回、モノのインターネット(IoT)の無線ネットワークの一つとして注目されている「LPWA(LowPower WideArea)」と呼ばれる省電力で長距離通信ができる無線通信技術を採用した。

 各家庭などに設置されているLPガスは、ガスメーターの検針やガス漏れなどの異常検知などのデータ収集が欠かせない。ただ、メーター会社によってシステムが違うため、それぞれの社が情報収集し、ガス販売会社に情報提供するなど効率上の課題があった。

 今回、大手メーター製造4社(愛知時計電機、アズビル金門、東洋計器、矢崎エナジーシステム)がLPWA端末に対応したことから、4社のメーターを設置しているLPガス設置場所からデータ収集が可能となったという。また、集中監視センターを独自に展開しているNTTテレコン(東京都台東区)も同端末に対応しており、同社からのデータ収集もできる。

 LPガス販売会社にとって、ガスメーターの検針など使用状況の把握には人手が必要なことから、集中監視することで人件費の削減が可能となるなどのメリットがある。また、ガス漏れなど異常時にも迅速な対応ができるという。

 ingコーポレーションは「LPWAは従来の通信端末よりコストダウンができ、設置場所の通信状況によってNTT、au、ソフトバンクなどキャリアを選ぶこともできる」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社