ゲーム「三國志」とコラボした芋焼酎 薩州浜田屋、4月10日発売

薩州浜田屋 本格芋焼酎「薩州 三國志」

 

 薩州(さっしゅう)浜田屋(鹿児島県いちき串木野市)は、コーエーテクモゲームス(横浜市)の人気ゲームシリーズで、今年で発売35周年を迎える「三國志」とのコラボレーションした芋焼酎「薩州 三國志」を4月10日に発売する。内容量は720ミリリットル、希望小売価格は税別8800円。

 「薩州 三國志」は鹿児島県産のサツマイモ「黄金千貫(こがねせんがん)」と県特有のシラス台地で天然ろ過された水からつくられている。歴史シミュレーションゲーム「三國志」のシリーズ35周年にちなみ、アルコール度数は35度だ。

 薩州浜田屋は商品の特徴について、「洗練されたシャープな香りの中に、ワイン酵母仕込み酒質由来のフルーティーな甘い香りが豊かに感じられ、力強くキレのある飲み口と甘味、うま味のある味わい」だとしている。

 商品名は、薩摩の別名である「薩州」と、三国志の繁体字(中国語において筆画が多い漢字の字体)を合わせた。またボトルのデザインは、三国志に登場する名馬「赤兎馬(せきとば)」をモチーフにしたという。

 現在、「薩州赤兎馬」シリーズのウェブサイトの中に、「薩州 三國志」の特設サイトを開設している。商品の酒質や事前予約が可能なオンラインショップの情報などを展開している。

・赤兎馬スペシャルサイト特設ページ:ttps://www.sekitoba.co.jp/sangokushi/

・本格芋焼酎「薩州 三國志」事前予約:http://shop-denbeegura.com/shop/item_detail?category_id=536022&item_id=2622837

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社