日立市が「ひたち☆春フェスタ2020」を開催 映画上映会やトークショー、ライブなどを楽しもう

日立市 「ひたち☆春フェスタ2020」

 

 日立市は春の訪れを告げる新イベント「ひたち☆春フェスタ2020」を、3月21日(土)に開催する。イベントは2部構成で、第1部は午前9時30分から、第2部は午後6時から開く。会場は日立市民会館(茨城県日立市若葉町1-5-8)。事前に申し込みの入場券が必要だが、料金は無料。

 日立市によると、第1部では映画「ある町の高い煙突」の上映会とトークショーを開く。映画は昨年に全国公開され、日立市のシンボルとする「大煙突」の完成までを描いた作品だ。上映後に実施される「トークショー~映画『ある町の高い煙突』を語る~」では、松村克弥監督や大平浪三役の石井正則さん、主人公・関根三郎役の井手麻渡さん、孫作役の城之内正明さんらを迎え、映画製作の舞台裏や大煙突、日立市への思いを語ってもらうという。

 第2部では、「ふるさと日立大使」による音楽ライブを行う。日立市市制施行80周年を記念して就任した「ふるさと日立大使」の中から音楽に携わっているという、三味線奏者の上妻宏光さん、バイオリニストの岡部磨知さん、シンガーソングライターのKATSUMIさんら3人を招いてライブを実施する。

 イベントへの参加にあたっては、日立市シティプロモーション推進課宛に、往復はがきで申し込む。はがきは3月6日(金)必着。第1部と第2部の両方に申し込む人は、別々のはがきで申し込む必要がある。応募多数の場合は抽選の上、当選者に入場券を送付する。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社