京都・伏見「月桂冠」で3月20日「酒蔵まつり」 会場限定の日本酒試飲や酒唄披露も

「月桂冠 酒蔵まつり」

 

 月桂冠(京都市)は、3月20日(金・祝)に月桂冠大倉記念館(京都市伏見区)で「月桂冠 酒蔵まつり」を開く。当日限定の日本酒の試飲(有料)や、月桂冠社員による酒樽の菰(こも)巻き実演といった蔵元ならではのイベントだ。

 「月桂冠 酒まつり」は、通常大人400円の入館料の見学施設、月桂冠大倉記念館を無料開放し、中庭に野外ステージを設けて行う。鏡開きや酒造り唄の披露のほか、円筒形の木製酒樽にこもを巻く実演もあり、酒蔵らしさを楽しめるという。開催は午前10時~午後3時半で、ジャズやフォークソングのライブや、記念館見学ツアーも実施する。

 酒飲みにはたまらないのが、日本酒の試飲。当日限定「しぼりたて純米大吟醸」など、まつり会場でしか味わえない4種類の有料試飲がある。これとは別に日本酒をシャーベット状に凍らせた「みぞれ酒」といった新しい飲み方も試し飲みできる(有料)。

 試飲や物品購入などで使えるチケット(税込み1000円券と500円券)は当日、会場受付で購入できるほか、1000円チケットと交換できる900円の前売り券も月桂冠大倉記念館で販売する。

 月桂冠大倉記念館は、酒どころ京都・伏見の酒造りや日本酒の歴史や文化についての資料などを見学することができる“酒のミュージアム”。京阪本線「中書島」から徒歩5分。「酒蔵まつり」の問い合わせは同記念館、電話075(623)2056。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社