「紀伊国屋書店ベストセラー大賞」は前田裕二氏 2019年1~12月期、出版社は「幻冬舎」

「2019年1~12月期 紀伊国屋書店ベストセラー大賞」

 

 紀伊国屋書店(東京都目黒区)はこのほど、「2019年1~12月期 紀伊国屋書店ベストセラー大賞」を発表した。著者部門は「メモの魔力」(幻冬舎)などで知られる実業家・前田裕二氏。出版社部門は「幻冬舎」だった。

 この賞は、紀伊国屋書店の全国67店舗や営業部門、海外店舗、ウェブストアで1年間において、売上額をはじめ同書店に貢献した著者と出版社を表彰する目的で創設された。今回で7回目。

 選考基準は著者部門、出版社部門ともに、文芸書・文庫・コミックなどが対象だ。売上金額、売上冊数、イベントへの協力度など総合的な観点から決めるという。前回は著者部門が「君たちはどう生きるか」の吉野源三郎氏、羽賀翔一氏。出版社部門は「マガジンハウス」だった。

 今回の贈賞式は、3月9日(月)に人文書のベスト30を決める「紀伊国屋じんぶん大賞2020」、同書店のスタッフがお勧めするベスト30「キノベス!2020」とともに東京都新宿区の紀伊国屋ホール(紀伊国屋書店新宿本店4階)で開催される。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社