バレンタインに赤いおうどんはいかが? つるとんたん、初のワンデーメニューが登場!

麺匠の心つくし つるとんたん 「フロマージュ 赤いハートのおうどん」

 

 カトープレジャーグループ(大阪市)が運営するうどん専門店「麺匠の心つくし つるとんたん」(以下、つるとんたん)は、1日限定の「ワンデーメニュー」第1弾として、2月14日のバレンタインデーに「フロマージュ 赤いハートのおうどん」を提供する。値段は税込み1000円、限定20食。取り扱いについては、東京、大阪の計13店舗。

 メニューは白いクリームのだしの上に、クリームチーズと生クリームのムースでできた直径8センチの二つのハートを、ビーツのゼリーでコーティングし中央に配置したものだ。

 つるとんたんは今回のメニューについて、「情熱的な愛を表すバラと純粋な愛を艶やかなハートで表現した」としている。

 「フロマージュ 赤いハートのおうどん」は、東京の六本木2店舗・新宿・羽田空港・丸の内・銀座・渋谷、大阪の宗右衛門町・本町・北新地2店舗・大阪梅田・大国町の計13店舗で食べることができる。

 また、つるとんたんは今回のワンデーメニューについて、「どの世代にも食事を通じたコミュニケーションや豊かな食体験を通じて、カラダと心の健康を育んでほしい」という考えから開始した。創業30年史上で初めての試みだという。こだわりのだしとアレンジで、2021年1月まで7回にわたって、国内13店舗で展開していく計画で、次回は4月を予定している。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社