“幻の焼酎”「森伊蔵」が初めて海外へ JALUXが2月から欧米、中国などへ輸出

JALUX(ジャルックス) 「極上森伊蔵」

 

 航空系商社のJALUX(ジャルックス、東京都港区)は、“幻の焼酎”と言われる「森伊蔵」の輸出総代理店として、2月から米国、欧州、中国などアジア圏を中心に順次輸出を始める。森伊蔵の輸出は初めてという。

 森伊蔵は、1885(明治18)年創業の森伊蔵酒造(鹿児島県垂水市)で、黄金千貫(こがねせんがん)というサツマイモを使用して伝統的な製法で造られる芋焼酎。味わいと品質の高さから焼酎好きに知られるようになったが、生産量が限られるため入手困難となり“幻の焼酎”と言われるようになった。

 JALUXによると、米紙ニューヨーク・タイムズで2006年、森伊蔵酒造のことをフランス・ボルドーワインの代表的なシャトーの一つ「シャトー・ペトリュス」に例える記事が掲載されたほか、フランスのシラク元大統領が愛飲した焼酎と言われ、海外でも知られる存在になったという。

 最近では2013年に「和食」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録され、海外で日本食が人気となっているが、酒に関しては「日本酒」が中心だった。そんな中「世界で焼酎の認知度を高めたい」として、森伊蔵の輸出を始めることになった。

 輸出するのは「極上森伊蔵」(720ミリリットル、国内参考価格は税抜き5200円)。温度・湿度が安定した貯蔵場で、3年以上長期熟成させた焼酎。甘い香りとまろやかな味わいが特徴という。輸出先は海外主要都市のホテルや和食店が中心になる見込みだ。

 森伊蔵は現在、日本航空の国際線(一部路線)の機内販売やファーストクラスでの提供のほか、国内一部百貨店の店頭と、電話での抽選販売のみの購入となっている。限られた生産量の中、海外への輸出が始まれば、ますます“幻”になりそうだ。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社