左から鳥井信吾サントリーホールディングス副会長、垣見吉彦サントリー生命科学財団理事長、中西重忠同財団生物有機科学研究所長、浅島誠東京大名誉教授、佐藤文彦京都大名誉教授、長野哲雄東京大名誉教授、山中伸弥京都大iPS研究所長

ノーベル賞狙い「やってみなはれ」 サントリー財団、若手研究者に5000万円助成

 サントリー生命科学財団(垣見吉彦理事長)は1月31日、若手の生命科学研究者が将来ノーベル賞を狙えるような挑戦的テーマに取り組むのを支援するプログラム「サントリーSunRiSE」を設立したと発表した。45歳以下の研究者10人に、1人当たり5000万円(年間1000万円を5年間)、総額5億円を支援する。

 プログラムの理念は「やんちゃな若手研究者の『やってみなはれ』を全面的に支援し、日本の基礎研究力を向上させるために貢献したい」(プログラム運営委員長を務める中西重忠同財団生物有機科学研究所長)。資金の使途や期間の制限をできる限り排除するほか、途中経過や成果を他の研究者と議論することでネットワークを構築し、さらなる展開につなげることも支援する、としている。SunRiSEは「Suntory Rising Stars Encouragement Program in life Sciences」の略。プログラムは「今回だけ」(垣見吉彦同財団理事長)の予定で、1回限りのチャンスとなる。

 1人5000万円という民間としてはトップクラスの助成に踏み切った背景には、日本では科学技術力の指標となる論文数が減少しており、将来、革新的、独創的で新しい分野の開拓ができなくなるのでは、という懸念がある。

 東京で開かれた記者会見で、サントリーホールディングスの鳥井信吾副会長は「日本のノーベル賞受賞が相次いだ一方、このままでは若い研究者が育たないという懸念を多くの人が持っている。大いなるチャレンジを支援したい」とプログラムの狙いを説明した。

 

東京都内で開かれた記者会見
鳥井信吾サントリーホールディングス副会長

 

 中西氏はプログラムの特徴として「10年、20年先の発展を見据えた研究を支援すること、夢と希望のある志の大きいテーマに取り組んでもらえること、資金の用途や期間の自由度が柔軟であること、サントリーならでは組織、人脈によるネットワークを形成できること。これらにより基礎研究力向上の大きなうねりを創出する」と強調した。

中西重忠サントリー生命科学財団生物有機科学研究所長

 

 運営委員でノーベル医学生理学賞受賞者の山中伸弥京都大iPS研究所長は「応用は5年後、10年後を見据えて、それに向かって進む。基礎研究は5年後、10年後にどうなっているか全く予想できない。無限の可能性がある。プログラムを活用し、ワクワク、ドキドキした基礎研究を思う存分行ってもらい、ディスラプティブイノベーション(破壊的な革新)を日本から生み出してほしい」と期待を込めた。

山中伸弥京都大iPS研究所長

 

 「サントリーSunRiSE」の概要は以下の通り。

対象:45才までの主任研究員ならびにそれを目指す人10人

 ※大学等の研究機関に籍がある人

 ※海外からの応募も可能

 ※国籍不問(研究拠点が日本国内であることが前提)

支援額:1人当たり5000万円(年間1000万円×5年間)

支援期間:2021年4月1日から5年間

募集研究テーマ:夢と希望ある志の大きい〝挑戦的テーマ〟

応募期間:2020年5月中旬~6月中旬

応募方法:インターネット応募。詳細はサントリー生命科学財団HP参照。

選考期間:2020年6月中旬~10月

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

NY円、106円後半

【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク外国為替市場の円相場…

地域

政治・国際

株式会社共同通信社