スティック1本でマイボトル用のお茶やコーヒーが作れる 味の素AGFが新ブランド立ち上げ、2月21日に3種類発売

味の素AGF 「AGF® マイボトルスティック ワン」煎茶

 

 味の素AGF(東京都渋谷区)は、マイボトル用のスティック「AGFマイボトルスティック ワン」のブランドを新たに立ち上げ、「煎茶」「むぎ茶」「ブラックコーヒー」の3種を、通信販売限定で2月21日に発売する。オープン価格。

 プラスチックごみ削減への取り組みが注目される中、マイボトル使用者が増加している。一方、既存のティーバッグには「抽出に時間がかかる」「浸けた後、時間とともに味が濃くなる」などの課題があり、スティック商品にも「マイボトルに適した容量の飲み物を作れる商品がない」「冷たい水に溶ける商品が少ない」などの課題がある。

 今回の新シリーズは、「ONE STICK=1本のスティックで」「ONE SHAKE=1振りで飲めて」「ONE DAY=1日を楽しめる」の三つのONEをコンセプトにした。マイボトルの主力サイズである350~500ミリリットル用のお茶やコーヒーが、スティック1本で簡単に作れる。

 国産茶葉を100%使用した「煎茶」は抹茶の奥深いコク、国産六条大麦を100%使用した「むぎ茶」はさらりとした喉ごし、アラビカ豆を100%使用した「ブラックコーヒー」は苦味や雑味が少ないすっきりとした味わいがそれぞれの特徴となっている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社