冬は「蟹取県」へ、鳥取がウェルカニキャンペーン開催中 初競り価格世界一の記念キャンペーンも開始

鳥取県 「とっとり松葉がに世界一(セカニイチ)記念キャンペーン」

 

 日本全国のカニの約半分を水揚げし、カニの水揚げ量日本一の鳥取県は、「蟹取県」として、「蟹取県ウェルカニキャンペーン」を開催中で、新たに「とっとり松葉がに世界一(セカニイチ)記念キャンペーン」を始めた。実施期間はどちらも2月29日まで。

 新キャンペーンは、昨年11月7日の初競りで、「特選とっとり松葉がに五輝星(いつきぼし)」が500万円で落札され、12月23日に「初セリで落札された最も高額な蟹」としてギネスに認定されたことを記念して実施する。期間中、県内の飲食店や水産物直売所の対象約30店舗でカニの料理を食べたり、購入したりして、応募した人の中から抽選で「とっとり松葉がに」や「蟹取県の特産品」をプレゼントする。

 昨年9月1日から実施している「蟹取県ウェルカニキャンペーン」の企画は①泊まって当たる「宿泊チャレンジ」②撮って当たる「フォトラリーチャレンジ」③クイズで当たる「カニトリ体操チャレンジ」-の三つ。それぞれ応募者の中から抽選で、旬のカニや、県の名産品詰め合わせ、オリジナルグッズをプレゼントする。

 

・「カニ♪食べに行こう!キャンペーン」:https://www.pref.tottori.lg.jp/288838.htm

・蟹取県ウェルカニ・キャンペーン:https://www.kanitoriken.jp

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社