短編小説を読みながら味わえる日本酒「ほろよい文庫」創刊 第1弾は新潟県の酒どころ長岡が舞台の2編、山内マリコさん書き下ろし

meet&meet×TISSUE Inc. 日本酒「ほろよい文庫」

 

 meet&meet(東京都渋谷区)とTISSUE Inc.(東京都渋谷区)は、地酒が造られた土地の風土や歴史など、さまざまな物語を感じながら楽しめる短編小説付きの日本酒「ほろよい文庫」を創刊した。

 第1弾の小説は、新潟の酒どころ長岡を舞台とし、女性の生き方や地方出身者の日常をリアルに描いた。作家の山内マリコさんが長岡へ足を運び、書き下ろした。“一杯目”「運命の人かもしれないけど『じゃあ、ここで』」は男性の視点で描かれ、“二杯目”「あたしはまだ到着していない」は女性の視点で描かれた。2編はそれぞれに完結しているが、恋の物語としてつながっている。2編を併せて読めば、さらに奥深さを味わえる作品となっている、という。

 日本酒は、1897年に長岡市で創業した老舗「お福酒造」が厳選した純米吟醸酒で、内容量は720ミリリットル。一杯目の男性瓶は、純米吟醸らしい透き通った風味、二杯目の女性瓶は、新潟の冬を連想させるピリッとキレのある風味で、それぞれ味わいが異なる。

 価格は一杯目、二杯目とも税込み4400円。2本がセットになった「長岡セット」は税込み8800円。新潟県長岡市のふるさと納税でも購入できる。

 山内マリコさんは、2012年に「ここは退屈迎えに来て」でデビュー。同作と「アズミ・ハルコは行方不明」は映画化された。

 

・公式サイト:https://horoyoi-bunko.jp

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社