第一パンと「たいめいけん」がパンでコラボ 「たんぽぽオムレツパン」と「カレーパン」

第一屋製パン 「たいめいけん三代目監修 たんぽぽオムレツパン」

 

 第一屋製パン(東京都小平市)は、1931年創業の人気洋食店「日本橋三代目たいめいけん」の茂出木浩司シェフと「たいめいけん三代目監修」の「たんぽぽオムレツパン」と「カレーパン」の2品を開発し、1月1日に発売した。

 たいめいけんの人気メニューをイメージして開発した、という。

 「たんぽぽオムレツパン」は、ふんわりとした黄色いパン生地に、“たまごマヨフィリング”を包み、表面に“スクランブルエッグフィリング”とケチャップを絞り焼き上げた。「カレーパン」は、ブイヨンのコクとうま味のあるカレーフィリングを総菜生地に包み、パン粉を付けて揚げた。

 どちらもオープン価格。関東、中部、近畿、四国地区で、2、3カ月間販売する。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社