歌ったり演奏したりで脳を活性化 山野楽器が熟年層向けプログラム「山野いきいき健康塾」

山野楽器 「山野いきいき健康塾」

 

 山野楽器(東京都中央区)は、熟年層向け新プログラムとして、「山野いきいき健康塾」を始めた。

 熟年層に対し、介護予防や健康増進を推進するためのプログラムで、歌を歌ったり楽器を演奏したりすることは脳の活性化に効果があることが知られている。しかし、その実践にはこつが必要で、脳の活性化研究に裏付けされた質の高いプログラムを提供する、としている。

 初回は、健康管理士や健康マスター(エキスパート)の肩書を持つ常岡治恵氏を講師に「歌って元気に長生き♪はるはな」と、SUZUKIケンハモ認定講師でケンハモ音楽呼吸法トレーナーの岩倉さと子氏による「鍵盤ハーモニカ ケンハモでアンチエイジング」の2プログラムを実施する。

 両プログラムとも1月27日、2月28日、3月30日の3回ずつ開催し、「歌って元気に」の参加費は税込みで各回1500円、定員は先着順に60人。「鍵盤ハーモニカ」は、参加費は各回同2500円で定員は先着順に30人。場所は山野楽器銀座本店7階のイベントスペース。

 

・詳細:https://www.yamano-music.co.jp/contents/yamano_ikiiki_kenkoujuku/index.html

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社