たくさん動いて生活習慣病やがんを予防しよう 日本生活習慣病予防協会が講演会の参加者を募集

日本生活習慣病予防協会 市民講演会「多動で生活習慣病・がん予防」

 

 日本生活習慣病予防協会(東京都港区)は、毎年2月の「全国生活習慣病予防月間」の活動の一環として2月5日、日比谷コンベンションホール(東京都千代田区)で市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」を開催し、参加者を募集している。無料で定員は180人。

 筑波大学の田中喜代次名誉教授が「生活習慣病の効果的な予防策~運動を中心に考える~」、国立がん研究センター社会と健康研究センターの津金昌一郎センター長が「運動でがん予防」についてそれぞれ講演するほか、総合討論も行う。

 日本生活習慣病予防協会は2020年、健康習慣「一無二少三多」(無煙・禁煙、少食、少酒、多動、多休、多接)を提唱し、啓発活動を行う、としている。

 

・講演会申し込み:http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2019/010065.php

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社