「異なった食品も、むらなく温めます」 上智大やシャープなどが新しいコンセプトで電子レンジを開発

上智大学×シャープ×日本ガイシ×日本ユニシス 「固体半導体発振器を用いた新しいインテリジェント電子レンジの試作機」

 

 上智大学(東京都千代田区)理工学部物質生命理工学科の堀越智准教授は、シャープ(堺市)、日本ガイシ(名古屋市)、日本ユニシス(東京都江東区)などと共同で、固体半導体からなるマイクロ波発振器を複数台用いた新しいコンセプトの電子レンジを開発し、試作機が完成した、と発表した。

 揺らぎのない精密なマイクロ波を発振できる固体半導体を複数用いることで、食品の不均一な加熱や、食品に明記されている時間を設定しても加熱が不十分であるなどの問題を解決する。部分的にマイクロ波照射を行うことができることから、省エネ加熱が可能になる、としている。

 弁当を加熱する場合、自動的にケースのQRコードやバーコードを読み取り、その情報から、各食品に対する適切な加熱条件を自動的にクラウドからダウンロードする。

 試作機は、実際に販売しているサイズや価格を念頭に設計を進めた。今後、この装置を使って加熱実験を繰り返し、より精度の高い加熱ができる電子レンジを目指す。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社