災害を想定し、医療データを保管、交換するシステムを開発 秘密分散と秘匿通信技術を活用

情報通信研究機構 「実証実験に用いたネットワーク接続図と性能評価結果」

 

 情報通信研究機構(NICT、東京都小金井市)、高知県・高知市病院企業団立高知医療センター、連携協力機関によるチームは、秘密分散技術と秘匿通信技術を組み合わせることで、電子カルテデータを安全にバックアップし、医療機関の間で相互参照し、災害時、迅速にデータを復元できるシステムを開発した。

 このシステムを使って実証実験を行ったところ、高知医療センターと800キロ圏のネットワークで結ぶ大阪、名古屋、大手町、小金井にあるデータサーバーに1万人分の電子カルテの模擬データを分散保管することができた。続いて、南海トラフ地震などによって四国エリアが被災した、というシナリオに基づき、それぞれのデータサーバーから処方履歴、アレルギー情報など災害時医療に必要とされるデータ項目を小金井のサーバー上に復元し、衛星回線経由で高知医療センターの端末に伝送した。その結果、高知医療センターの端末で患者検索してから9秒以内で医療データの復元に成功した。救急時の猶予時間は15秒程度といわれていることから、要求に応える結果となった。

 東日本大震災で海岸沿いの医療機関の多くが倒壊し、電子カルテもサーバーごと流された。医療カルテなどの重要なデータは遠隔地にバックアップを取る必要がある一方、究極の個人情報のため、安全性が何よりも重要となる。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社