「第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール」表彰式 全国の小学生から2万8736点の応募、上位賞9人と5校が受賞

Jミルク 第7回「牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール」受賞者

 

 「第7回牛乳ヒーロー&ヒロインコンクール」の表彰式が12月7日、学士会館(東京都千代田区)で行われた。全国の小学生を対象に、牛乳をヒーローやヒロインで表現する絵画作品を6月1日の「牛乳の日」から募集した。応募総数は2万8736点で、その中から上位賞9人、応募数上位の5校が受賞した。

 コンクールは、小学校に対する酪農業界の食育活動支援、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」への取り組みの一環として、Jミルク(東京都千代田区)が開催している。

 最優秀賞の農林水産大臣賞を受賞したのは、渡辺結太さん(高知市立はりまや橋小学校2年/作品名:ミルコックくん)と、金沢怜也さん(福島県石川町立石川小学校4年/作品名:レス牛)の2人。

 表彰式で、Jミルクの岡本隆雄常務理事は「本コンクールの狙いは三つあり、一つ目は毎日牛乳について考えてもらうこと、二つ目は学校で食育の活動として本コンクールを活用してもらい、さらに食育を家庭に広げること、そして、三つ目は世界の飢餓の問題や日本の食品ロスなどについて、子どもたちが自ら行動することで学んでほしい」と話した。

 国連食糧農業機関(FAO)と連携し、酪農家や乳業会社などの協力を得て、応募1作品につき50円を「FAO飢餓撲滅草の根募金」へ寄付している。今年は総額143万6800円に達し、FAO駐日連絡事務所のンブリ・チャールズ・ボリコ所長に贈呈した。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社