太陽光発電余剰電力を優先活用する給湯システム「エコワンソーラー」発売 慧通信技術工業の「オフグリッド技術」とリンナイの省エネ技術がコラボ

慧通信技術工業×リンナイ 「ECO ONE SOLAR(エコワンソーラー)」

 

 慧通信技術工業(神戸市)は、リンナイ(名古屋市)の省エネ技術とコラボし、太陽光発電余剰電力を優先活用したオフグリッド型ハイブリッド給湯システム「ECO ONE SOLAR(エコワンソーラー)」を12月9日に発売した。

 エコワンソーラーは、自宅の太陽光発電の電気を使用し、ガスや商用電力をほとんど使用しない。オフグリッド技術を搭載した「停電対策ユニット」が標準装備されている。太陽光発電からのエネルギーを効率よく蓄積することができるため、電気やガスが供給されなくても、蓄電池からの供給電力だけで、給湯運転でき、風呂のお湯張りやシャワーの使用が可能だ。停電時は、冷蔵庫とトイレの電源を合計2000ワットまで自動でバックアップするため、夏場でも食料の保存に関する心配が減らせる。

 慧通信は、電力会社などのエネルギー供給会社から独立して単独で機能するシステム「オフグリッド技術」を2010年に開発した。リンナイも同じく10年に、ガスと電気のヒートポンプを組み合わせた家庭用ハイブリッド給湯・暖房システム「エコワン」を誕生させた。

 

・詳細:https://ecoone.jp/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社