メリーチョコレートのバレンタイン商品、来年1月から販売 トップショコラティエによる海外戦略ブランドも

 

メリーチョコレートカムパニー 「2020年メリーチョコレートバレンタイン」

 

 メリーチョコレートカムパニー(東京都大田区)は、2020年バレンタインデーに向けた新規ブランドを含むバレンタイン商品を、1月から販売する。

 同社のトップショコラティエ、大石茂之さんが手掛けるメリーの海外戦略ブランド「トーキョーチョコレート」の代表作で東京の空を映す水面を表現した「みなも」や、国産素材にこだわった「奏―KANADE―」が販売される。大石さんはフランスのチョコレート愛好会「C.C.C.」から「世界の優れたショコラティエ100」に選出され、「最高のショコラティエ賞」を受賞した。

 その他、レトロポップなイラストにカラフルな生チョコレートを合わせた新ブランド「メリーズパーラー」や、戦国武将をフィーチャーしたブランド「TSUWAMONO(つわもの)」から、今年は明智光秀をモチーフにしたアソートボックスを販売する。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社