「朗読で味わう文豪の名作CD全13巻」発売 語り手は風間杜夫さん、寺田農さん、長塚京三さんら5人

トゥーヴァージンズ 「【近代文学の泉】朗読で味わう文豪の名作 CD全13巻」

 

 トゥーヴァージンズ(東京都千代田区)は、近代名作文学を俳優や文化人が朗読した「【近代文学の泉】朗読で味わう文豪の名作CD全13巻」を12月10日に発売した。芥川龍之介「羅生門」や太宰治「走れメロス」、夏目漱石「夢十夜」など、誰もが知る文豪の名作21作を収録した。

 語り手は風間杜夫さん、寺田農さん、長塚京三さん、橋爪功さん、広瀬修子さんの5人。それぞれの語りが作品を彩り、物語の情景が自然と浮かんでくるという。同社は「聴くことで、より作品の理解も深まり、改めて作品の素晴らしさに気付くと同時に、読んだことのない作品でも朗読者の声だけが収録されているので、息遣いや間の取り方などが感じられ、より物語の世界へ入り込むことができる」としている。

 詩集2作品で一部の詩を割愛したが、小説19作品は原文全てを朗読している。特製の小冊子には作品解説の他、朗読者のコメントも掲載した。価格は税別2万7000円。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社