ジェームズ・ディーン写真集の出版費用を募集 没後65年の出版目指し、クラウドファンディングで

 

 「ジェームズ・ディーン・アーカイブス 大西清太コレクション」(神戸市)は、写真集「James Dean1955-∞」の出版費用をクラウドファンディングで2020年1月27日まで募っている。ディーン没後65年に当たる20年の出版を目指している。

 ハリウッド俳優ジェームズ・ディーン(1931―55)が24歳で事故死する前、最後の85日を、写真家サンフォード・ロス(06―62)が撮影した。写真集は、映画「ジャイアンツ」出演の姿や、ロス夫妻と過ごしたプライベートの姿など、1600カットを収録する。オリジナルの写真ネガと著作権は、ディーンの世界的コレクターで日本人実業家、大西清太氏が譲り受けた。

 写真集を企画したジェームズ・ディーン・アーカイブスのプロジェクトマネージャー、中野智文氏は「1955年撮影のネガは傷も多く劣化しているため、1日1枚か2枚の修復で3年以上かかったが、1600カットの貴重な写真を見てもらえる機会を設けることで、ディーンのファンだけでなく映画ファン、自動車ファン、写真ファンにとって新たな発見の場となればと思っている」と話している。

 

・公式サイト:https://jamesdean.jp/

・ユーチューブ:https://www.youtube.com/watch?v=yWOHmGrRHQw&t=3s

・クラウドファンディング:https://www.kickstarter.com/projects/jamesdeanarchives/new-james-dean-photobook-including-1600-images

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社