最優秀賞に東北大大学院1年のバネルジー・トリシットさん 「第8回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト」

神田外語グループ 東北大学大学院1年 バネルジー・トリシットさん

 

 神田外語大学と神田外語学院の神田外語グループ(東京都千代田区)は11月30日、読売新聞社と共催で「第8回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト」を開催し、東北大学大学院1年のバネルジー・トリシットさんが最優秀賞に選ばれた。コンテストは全国の大学生、大学院生、短期大学生、専門学校生など209校から793人の応募があった。1次、2次予選を勝ち抜いた、個人の部5人、グループの部5組の10組が、本選に出場した。

 トリシットさんは、三つのテーマの中から「外国人の若者を日本へ!ワーホリ計画を提案」を選択し、福島県への外国人誘致について自身の体験を踏まえ、プレゼンテーションを行った。

 このコンテストは、グローバル化が進むビジネスの現場で必要とされるコミュニケーションスキルの向上と、学生同士が真剣勝負する場の提供を目的としている。

 

コンテストサイト:https://www.kandagaigo.ac.jp/contest/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社