柴犬の小型犬「小豆柴」が買える「小豆柴カフェ」がオープン 秋葉原店と岡山店の2店舗

富士野荘 豆柴成犬(左)、小豆柴成犬

 

 東京・秋葉原と岡山市の2店舗で、世界最小の柴犬「小豆柴」と触れ合える「小豆柴の郷」を運営している富士野荘(静岡県裾野市)は、「小豆柴の郷」を小豆柴も買うことができる「小豆柴カフェ」として、12月15日にオープンする。

 富士野荘は、通常の柴犬よりも小さい「小豆柴」「極小豆柴」「豆柴」の改良繁殖を手掛けている。事情があって犬を飼えない人の要望に応えるため「小豆柴の郷」を開いていた。今後はその場で気に入った小豆柴や豆柴を買うこともできるようになる。

 営業時間は午前11時から午後8時。通常料金は大人(中学生以上)、ワンドリンク付きで税込み1100円。

 

・詳細:https://www.azukishiba-no-sato.com/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社