千葉商大の学生が千葉ジェッツふなばし公式戦をプロデュース テーマは「願いを届ける!籠球聖誕祭」

「千葉商科大学マッチデー2019」

 

 千葉商科大学(千葉県市川市)サービス創造学部の学生たちが、12月21、22の両日に行われるBリーグのB1リーグに所属するプロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」の公式戦第13節の横浜ビー・コルセアーズ戦を「千葉商科大学マッチデー2019」としてプロデュースする。会場は船橋アリーナ(船橋市)。

 同学部のプロジェクト型正課科目として実施し、マーケティング、セールス、プロモーションなどのスポーツマネジメントを学ぶ。テーマは「願いを届ける!籠球聖誕祭(バスケせいたんさい)」。12月21日が世界で初めてバスケットボールの試合が行われた誕生日であることとクリスマスにちなんだ。

 ファンが選手へのメッセージを書き込んだ短冊を空のペットボトルに入れ、それを飾ったツリーを制作し、2日目の試合終了後に点灯式を行う。プロジェクトの活動を紹介するポスター展示や、アリーナ内のビジョンで放映するCMの制作、同大チアダンスチームによるパフォーマンスなど、さまざまなイベントも行う。

 同大学は、これらのプロジェクト活動を通して、実践的なスポーツビジネスについて構造的に学び理解することを目指している、としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社