高速道路の除雪作業を効率的に ヴァイサラ、NEXCO中日本にモバイルセンサーを納入

 

 ヴァイサラ(東京都千代田区)は、中日本高速道路(NEXCO中日本、名古屋市)に、小型複合モバイルセンサー「MD30 モバイル路面凍結検知センサ」を納入した。

 厳しい環境下で活動する除雪車などの雪氷車の車両に設置することで継続的に路面状態を監視し、道路気象データを計測する。NEXCO中日本が管理する高速道路をより適切で効率的に除雪作業できるようにする。計測するデータは、摩擦係数、路面状態、路面膜厚、路面温度、大気温度、露点温度、相対湿度。

 ヴァイサラは、環境・産業計測分野での世界企業。本社はフィンランドのヘルシンキ。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社