日本酒やビール、家庭用冷蔵庫よりも冷たく貯蔵 さくら製作所、低温冷蔵ドリンクセラーを来年1月に発売

さくら製作所 「ZERO CHILLEDシリーズ(OSK9-B)」

 

 家庭用のワインセラーの製造販売を手掛けるさくら製作所(東京都品川区)は、家庭のリビングやオフィスなどで利用できる、低温冷蔵ドリンクセラー「ZERO CHILLED(ゼロ チルド)」シリーズを2020年1月13日に発売する。

 一般的な家庭用冷蔵庫よりもっと飲み物を冷たくすることができ、日本酒セラーやビールクーラーとしても使用したりできる。

 「OSK9」は幅36センチ、奥行き42.5センチ、高さ91センチで想定価格は約8万円。「OSK20」は幅45センチ、奥行き42.5センチ、高さ141センチで約12万5000円。色はそれぞれブラックとホワイトがある。温度は0度から22度の範囲で設定でき、OSK20は上下で温度を変えられる。

 

・詳細:https://sakura-wks.com/product/zero-chilled/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社