NTTドコモがカーシェアサービスの実証実験をタイで開始 スマホでドアの開閉ができる「バーチャルキー」を活用

NTTドコモ 「バーチャルキーソリューションの全体像」

 

 NTTドコモ(東京都千代田区)は、ドコモのタイ連結子会社であるモバイルイノベーションと連携し、スマートフォンでドアの開閉ができる「バーチャルキー」を活用した、無人貸し渡しカーシェアサービスの実証実験をタイで12月1日に開始する。

 ドコモは、フランス自動車部品・システムサプライヤーのバレオグループ(パリ)と共同で、バーチャルキーソリューションを日本とアジア市場向けに開発した。

 実証実験は、タイでオートリース事業を展開する東京センチュリー(東京都千代田区)の海外連結子会社「ティーシーカーソリューションズ(タイランド)」と、日本駐車場開発(大阪市)のタイ法人「ニッポン・パーキング・デベロップメント(タイランド)」が展開しているカーシェア事業「TNカーシェアリング」で実施する。現在は、予約受け付けから鍵の貸し出しまで有人で運用している。

 実証実験で、車両に専用の通信型車載器を取り付けることにより、モバイルアプリで予約した車両用のバーチャルキーをスマホに配信し、ドアの開閉ができるようにする。従来のように物理的な鍵の受け渡しをすることなく、車両の貸し出しができるようになる。車両管理者は、専用のポータルサイト上で予約や車両の状況などの管理ができるより、運用の効率化が図れる、としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社