トランコム、日本GLP、モノフルの3社が業務提携 クロスドック構想の実現とトラック配車支援サービスの強化に向けて

トランコム 求貨求車サービスをBtoB向けサービスにパッケージングして日本GLP/モノフルに提供

 

 求貨求車サービスを提供する総合物流会社「トランコム」(名古屋市)は、物流施設を所有・運営する日本GLP(東京都港区)とそのグループ企業でロジスティクス・エコシステムを推進するモノフル(東京都港区)の3社間で業務提携を結んだ。

 ドライバー不足や低い積載率が課題となっている物流業界では、車両確保が困難になる中、運送事業者との情報連携で、集車にかける時間を削減し、共同配送により積載効率を向上させるなど、輸配送全体の生産性向上が求められている。今回の業務提携で3社は、各社の強みを生かし、輸配送・配車の新たなソリューションを提供する。

 具体的には①トランコムの求貨求車サービスを企業間取引(BtoB)向けサービスに組み込んで、日本GLP/モノフルに提供②日本GLPの施設を活用した積み替え拠点(クロスドック)の設置③モノフルの配車支援サービス「配車プラス」を利用したシームレス(切れ目のない)なマッチングの実現―に取り組む。

 クロスドック構想の実現により、予定外のトラック要請などへの柔軟な手配が可能になり、トラックをチャーターするほどではない数量の荷物に対しても、安価な輸送手段を提供できる。複数の企業から荷物が集約されることで、トラックの積載率向上、ドライバーの長時間運行の抑制なども期待できる、という。

 トランコムの恒川穣社長は「今回の提携で、さらなる輸配送の効率化を推進し、物流課題の解決に向けて積極的に取り組む」と述べた。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社