家庭用コンセントで野菜の汚れを高圧洗浄 農家向けの野菜洗い機、オーミヤが発売

 

 オーミヤ(大阪府東大阪市)は、農家向けに、家庭用コンセントを使い、高圧洗浄できる野菜洗い機「ベジピカハイブリッドON208H」を11月18日に発売した。

 業務用の大型野菜洗い機は、ポンプが工場で使用される三層200Vコンセントモデルのため、導入できる環境が限られている。家庭用のコンセントしかない中小農家のほとんどは、手洗いで野菜の汚れを落としている。

 ベジピカハイブリッドは、ノズル先端部が扇形に水が噴出される特殊カットを施しており、家庭用コンセント対応の小型ポンプで、業務用野菜洗い機と同等に洗浄できる、としている。圧力が1.5メガパスカル(Mpa)で、オーミヤの従来品と比べ63%節水できる。

 洗浄を開始すると投入口から開放部に向けて一定した空気の流れが発生し、野菜を持つ手への水の跳ね返りを防ぐほか、後方開放部にナイロンスクリーンを配置したことで、汚れた水滴が飛散するのも防ぐ。丸洗いできる本体は、ポリ塩化ビニール(PVC)製で重量が4.3キロと軽量で、簡単に持ち運びできる。

 オープン価格。参考価格は税別1万9800円。

・詳細:https://www.ohmiya.co.jp/product/noji/n01/n0107/n010702/on208h/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社