250キロまで搬送可能な「自動搬送モバイルロボット」 最大100台のモバイルロボットを同時に制御できるシステムも

オムロン 「モバイルロボットLD-250」

 

 オムロン(京都市)は11月15日、重量250キロまで自動搬送できる「モバイルロボットLD―250」を国内外で発売した。LDシリーズは、人や障害物を自動で回避しながら最適なルートを自ら考え、決められた場所に荷物を届ける搬送ロボット。荷物を積載するロボット上部の面積を従来の約2倍にしたことで、大型の自動車部品やかさの大きい梱包(こんぽう)材なども運べる。従来は人がカートを使って移動させていた搬送作業を自動化できる。

 制御システム「フリートマネージャ」を併用することで、搬送重量や性能が異なるオムロン製モバイルロボットを、最大100台まで同時に制御できる。

 オムロンは2015年に、米国に拠点を置くロボット会社のアデプト テクノロジー社(米プレザントン)を買収し、ロボット技術開発に注力してきた。オムロンのモバイルロボットは、人と同じ環境で、1日24時間、疲れを知らず、時間通りに、安全に作業できるという。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社