第一三共ヘルスケアがテレビCM「宴会」編の放映開始 石塚英彦さん、ANZEN漫才起用

 

 第一三共ヘルスケア(東京都中央区)は、「第一三共胃腸薬プラス」のテレビCM「宴会」編の放映を、11月15日開始した。来春以降、「バイキング」編、「スイーツ」編を順次放映する。

 ブランドキャラクターを18年間務めている石塚英彦さんに加え、新メンバーとして、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんさん、あらぽんさんを起用した。3人は、みんなの幸せな食事を心から願う、ハラペコ系アコースティックユニット「人生おいしくブラザーズ(JOB)」を結成した。

 CMでは、宴会でつい食べ過ぎたり、飲み過ぎたりして、胃腸のことが心配になってきた人たちの前に3人が現れ、音楽やダンスとともに「第一三共胃腸薬プラス」を勧める。CMソング「tui tui ya~cha~ta(ツイツイ ヤッチャッタ)」のロングバージョンをブランドサイトで公開している。

 「第一三共胃腸薬プラス」は、生きたまま腸に届く「乳酸菌」を配合し、胃と腸の両方を整える胃腸薬だ。今年8月、「胃」と「腸」のマークを大きく表示するなど、パッケージをリニューアルした。

 

・CMサイト:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_dsichoyaku/cm/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

JDIが新製品

経営再建中で石川県内に生産拠点を持つ中小型液晶パネル大手のジ…

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社