「ほっともっと」がデリバリーサービスを拡大 「出前館」や「ウーバーイーツ」と提携

Hotto Motto  「出前館」の配達

 

 プレナス(福岡市)は、持ち帰り弁当「Hotto Motto(ほっともっと)」の一部店舗でデリバリーに対応していたが、食品宅配市場規模が年々拡大傾向にあることから、より多くの顧客に弁当を届けるため、デリバリーサービス専門の「出前館」や「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と提携した。

 11月末までに100店舗でデリバリーに対応し、2020年2月末までに全国500店舗に拡大する。その後も順次、導入していくとしている。

 「ほっともっと」は10月末時点で、全国で2534の店舗を展開している。出前館はアクティブユーザー数305万人、加盟店は2万300店舗以上で日本最大級のデリバリーサービス。ウーバーイーツは36カ国500都市以上で展開し、日本では2016年9月に東京でサービスを始めた。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社