「ヒタチスターライトイルミネーション2019」11月23日から 日立市、テーマは「ヒカリ・咲く・ヒタチ」

茨城県日立市 「ヒタチスターライトイルミネーション2019」

 

 茨城県日立市で、冬の風物詩「ヒタチスターライトイルミネーション2019」が、11月23日~2020年1月19日、開催される。場所は日立シビックセンター新都市広場と日立駅周辺。

 今年は市制80周年、イルミネーション20回目を記念し、昨年の1.7倍に当たる過去最大の17万球の発光ダイオード(LED)を点灯する。テーマは「ヒカリ・咲く・ヒタチ」。桜の花をイメージしたオリジナルの明かり500個を含む1000個以上の光のフラワーを広場に敷き詰める。9メートルのシンボルツリーとクラシック音楽をシンクロさせた「光と音のプログラムショー」を開催するほか、広場中央の噴水は、霧状の水に光を当てる噴水イルミネーションの演出を行う。

 初日の11月23日は、水戸市出身のシンガーソングライター「石崎ひゅーい」さんをゲストに迎えて、「点灯式」を行う。11月23、24日は「クリスマスマーケット」、12月21日に200人のサンタが参加する「クリスマスコンサート」、11月24日からの期間中の土日祝日に、シャボン玉を夜空に放つ「シャボンボヤージュ」など、さまざまなイベントを予定している。

 観覧無料。点灯時間は午後5時~10時で、12月24日と31日は深夜1時まで延長する。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社