文化庁が2019年度「東アジア文化交流使」を決定 作曲家の額田大志さんとデザイナーの山県良和さん

文化庁 「東アジア文化交流使」

 

 文化庁は、2019年度の「東アジア文化交流使」を作曲家の額田大志さんとデザイナーの山県良和さんに決定した。11月18日に指名書交付式を行う。

 「東アジア文化交流使」は、中堅や若手の芸術家を中国・韓国を中心とした東アジア諸国に派遣し、日本の文化を紹介する事業だ。

 額田さんは韓国に20年3月中旬に派遣される。主な活動内容としては、現地のアーティストとの交流や共演によるコンサートを開催する。

 山県さんは中国に派遣される。主な活動内容として、北京、上海を中心に、現地のアーティストらとの交流やワークショップなどを開催する。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社