くもん出版が「特別限定版 はじめてのひらがな」を発売 「くもんの幼児ドリル」シリーズ累計発行部数1億冊突破を記念

くもん出版 「1億冊突破記念! 特別限定版 はじめてのひらがな」

 

 くもん出版(東京都港区)は、「くもんの幼児ドリル」が1977年の発売以来、国内外での累計発行部数が1億冊を突破したことを記念し、「1億冊突破記念!特別限定版 はじめてのひらがな」を11月14日に発売した。価格は税別780円。

 初めてひらがなを学習する未就学児向けに、鉛筆の持ち方や使い方に慣れ、ひらがなの文字を構成する基本的な線の練習を行う。学習する文字は、形が簡単で書きやすい10文字(「し」「つ」「く」「へ」「の」「て」「ひ」「ろ」「る」「そ」)に絞る。無理なく楽しく「できた!」と感じる喜びが、学習への意欲を育て、その後の学習への土台になるという。

 セット内容は、通常販売している2~4歳児向けドリル「はじめてのひらがな1集」(80ページ)、子どもが持ちやすい「くもんのこどもえんぴつ6B」1本、鉛筆を正しい持ち方へ導く補助具「こどもえんぴつもちかたサポーター」1個、縦36.4センチ、横51.5センチの「ひらがなのひょう」、専用鉛筆削り1個。

 くもんの幼児ドリルと、がんばる子どもの写真を撮影し、ハッシュタグ(検索目印)として「#くもん幼児ドリル」「#1億冊突破」を付けてインスタグラムに投稿すると、抽選で毎月60人に1000円分のオリジナル図書カードをプレゼントするキャンペーンを、2020年3月31日まで実施している。

 

・キャンペーンの詳細:https://www.kumonshuppan.com/lp/100000000

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社