太陽放射線被ばく警報システムの開発に成功 宇宙天気情報の一つとして、航空機の運航管理に利用

情報通信研究機構 「WASAVIES概念図」

 

 情報通信研究機構(NICT、東京都小金井市)や日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)などの研究グループは、太陽フレアが発生した際、突発的に増加する太陽放射線をリアルタイムで検出し、被ばく線量を推定する警報装置「WASAVIES(ワサビーズ)」を開発した。地上と人工衛星の観測装置を用い、太陽フレア発生直後から、放射線被ばく線量を地球上の高度100キロまでのあらゆる場所で推定できる。航空機乗務員などを被ばくから守るため、必要に応じて航路を変更するなど、航空機の運航管理に利用する宇宙天気情報の一つとして情報提供できるようになった。

 NICTはアジアで唯一、国際民間航空機関(ICAO)グローバル宇宙天気センターの一員として、通信・衛星測位・放射線被ばくに関する情報を今年11月7日から提供しており、今回の技術はその運用に不可欠な情報として活用する、としている。

 NICTによると、太陽放射線による被ばく線量を推定するシステムは世界中で開発されているが、これらのシステムは地上か人工衛星のどちらかの観測データだけを使っているという。それに対し、ワサビーズは、地上での太陽放射線量の増加を検出した直後に人工衛星の観測データも用いて被ばく線量を評価することで、高い精度で推定できるようになったという。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社