花の形のラングドシャ「大阪花ラング」発売 あみだ池大黒、大阪土産の新たな定番にと

あみだ池大黒 「大阪花ラング」

 

 あみだ池大黒(大阪市)は、大阪土産の新たな定番として、花の形をしたラングドシャ「大阪花ラング」を11月1日に発売した。

 クッキー生地でできた5枚の花びらの中に、口溶けの良いふわふわのクリームを乗せ、イチゴとブルーベリーをトッピングした。生地には、大阪産の蜂蜜を練り込み、口の中で芳醇(ほうじゅん)な香りが広がる。卵白をメレンゲにしてから混ぜ合わせることで、サクサクの食感にした。

 1805(文化2)年創業のあみだ池大黒は、「大阪の新たな定番土産を作りたい」との思いから、旗艦商品の「おこし」の枠から離れ、今回の「大阪花ラング」を開発したという。

 価格は税込みで4個入りが648円、8個入りが1080円、12個入りが1620円。

 

・詳細:http://osaka-hanalangue.com

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社