霞ケ浦や筑波山をサイクリングし、写真や動画を投稿しよう JR東日本の水戸支社がインスタグラムでキャンペーン

JR東日本 水戸支社 「土浦『駅からサイクリング』Instagram投稿キャンペーン」

 

 JR東日本の水戸支社(水戸市)は、土浦駅(茨城県土浦市)からサイクリングを楽しみ、インスタグラムで「#土浦駅サイ」のハッシュタグを付けて投稿すると、抽選で賞品が当たるキャンペーンを行っている。

 2018年3月、土浦駅直結の体験型サイクリングリゾート「PLAYatre TSUCHIURA(プレイアトレ土浦)」がオープンし、土浦駅は全長180キロのサイクリングコース「つくば霞ケ浦りんりんロード」の玄関口でもある。

 キャンペーンの賞品は、バルミューダの「ザ・トースター」や「まかないこすめの絶妙レシピのハンドクリーム2個セット」などで、キャンペーンに参加するには、公式アカウントのフォローが必要となる。

 水戸支社は、この機会に霞ケ浦や筑波山など自然に恵まれた土浦駅周辺の魅力を「駅からサイクリング」で楽しんで、写真や動画を投稿してほしい、と呼び掛けている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社