大塚国際美術館で「多彩な表現展」―陶板で魅せるジャポニスムの時代― 浮世絵と西洋名画を比較展示、大塚オーミ陶業が企画展

大塚オーミ陶業 「『多彩な表現展』―陶板で魅せるジャポニスムの時代―」展示予定作品:(左より)ゴッホ「タンギー爺さん」/歌川広重「亀戸天神境内」「亀戸梅屋舗」

 

 大塚オーミ陶業(大阪市)は2020年1月11日~3月29日、大塚国際美術館(徳島県鳴門市)で企画展「『多彩な表現展』―陶板で魅せるジャポニスムの時代―」を開催する。

 日本特有の自然環境や文化、歴史、精神性を映し出す浮世絵と、館内に常設展示されている西洋名画の複製陶板を比較展示することで、浮世絵と西洋名画とのつながりについて、新たな発見や共感を生み出し、理解を深める機会を提供する企画展だという。

 葛飾北斎の「富嶽(ふがく)三十六景」から「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」など3点の浮世絵、菱川師宣の肉筆画「見返り美人図」など、西洋の印象派などに影響を与えた浮世絵や日本美術作品を、新たに陶板で原寸大複製し、館内に展示する。

 入館料は一般3300円、大学生2200円、小中高生550円、小学生未満は無料。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社