札幌の人気カフェ「森彦」を東京で体験できる「カフェ 森彦の時間」 谷中の最小文化複合施設「HAGISO」で4日間オープン

味の素AGF 「カフェ 森彦の時間」

 

 味の素AGF(東京都渋谷区)は、アトリエ・モリヒコ(札幌市)と共同開発したブレンドコーヒー「森彦の時間」の発売を記念し、札幌の人気カフェ「森彦」を東京でも楽しめるよう、谷中(台東区)に「カフェ 森彦の時間」として、11月14~17日の期間限定でオープンする。築60年の木造アパートを改修した最小文化複合施設「HAGISO」内のカフェがコラボする。

 「カフェ 森彦の時間」は、9月2日に発売した「森彦の時間」シリーズの「森彦ブレンド」「マイルドブレンド」「アフリカン・ムーンブレンド」の3種類のブレンドコーヒーを提供する。また「森彦」本店で人気の北海道フードも提供し、コーヒーとの相性を楽しむことができる。店内には、本店のオブジェなども持ち込まれ、空間を再現する。価格は、コーヒー(ホットのみ)が税込み各300円、半熟玉子のキーマカレーは税別880円。ほかに、タルティーヌやデザートもある。

 味の素AGFは日本の水に合うコーヒーを追求する中で、日本各地で人気のあるローカルカフェや、コーヒー豆を焙煎(ばいせん)して卸売りや小売りをするロースターのコーヒーに対するこだわりに着目している。その中で、コーヒーブランド「森彦」は、コーヒーだけでなく提案するライフスタイルが地元札幌市民に愛され続けていることに共感し、共同開発に至ったという。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社