国際観光映像祭の「フィルムロケーション部門」で2位に 与論島の観光動画、島の魅力が評価

 

 ポルトガル中西部トレシュベドラシュで10月22~25日に開催された国際観光映像祭「ART&TUR」で25日、鹿児島県与論島(与論町)の観光動画「Yoron Island Japan in 8K HDR」が国際コンペティションのフィルムロケーション部門で2位を獲得した。

 この動画は、今年3月に大阪で開催された日本初の国際観光映像祭の国内部門でグランプリを受賞していた。その主催者側からの推薦で「ART&TUR」への出品を決めた。

 「ART&TUR」は「国内コンペティション」「国際コンペティション」「ドキュメンタリー」を審査する。「国際コンペティション」には52カ国から219作品が出品され、その中から25作品がノミネートされた。

 「ART&TUR」で審査員を務める和歌山大学観光学部の木川剛志准教授は受賞理由について「与論島の持つ島の魅力が世界にも高く評価された結果だろう」と語った。「Yoron 8K」は動画投稿サイト「ユーチューブ」再生回数が414万回を超えたという。与論町は、「Yoron 8K」を動画配信だけでなくさまざまなことに活用したい、としている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社