オムロンヘルスケアが通信機能付き上腕式血圧計発売 最新の測定結果と過去の測定データを簡単に比較できる

オムロンヘルスケア 「オムロン 上腕式血圧計HCR-7601T」

 

 オムロンヘルスケア株式会社(京都府向日市)は、最新の測定結果と過去の測定データを並べて表示し、簡単に比較できる通信機能付き血圧計「オムロン 上腕式血圧計HCR―7601T」を11月1日に発売する。

 本体表示部に横長の液晶画面を採用することで、最新の測定値と過去の測定値、朝と晩それぞれの直近の週平均値と過去の週平均値を、簡単に比較することができる。血圧変化の傾向を把握したり、服薬効果を確認したりできるので、個人の特徴に合わせた血圧管理に役立つ、という。測定値が家庭血圧の基準値である最高血圧(収縮期血圧)135mmHg、最低血圧(拡張期血圧)85mmHgを超えた場合、血圧確認マークを表示して注意を喚起する。

 測定データはスマートフォンの健康管理アプリ「オムロンコネクト」(無料)で管理できる。データはアプリを起動しなくても自動的に送られ、「かんたん血圧日記」機能を用いて服薬や運動、飲酒などの生活習慣と合わせて管理できる。測定データは過去100回分まで呼び出すことが可能だ。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社