岐阜県関市の包丁「和 NAGOMI」がプロモーションイベント 三星刃物がニューヨークで開催

三星刃物 エチエンヌ・ルバスタール氏

 

 三星刃物(岐阜県関市)は10月15日、米ニューヨーク・マンハッタンのディガストバス料理学校で、三星刃物初のオリジナルブランド「和 NAGOMI」包丁シリーズを使ったプロモーションイベントを開催した。「切れ味がよく、メンテナンスも簡単な包丁」がコンセプト。

 シェフ、料理学校関係者、メディア関係者を招き、レストラン「ブーレイ・アット・ホーム」のエグゼクティブペイストリーシェフであるエチエンヌ・ルバスタール氏が同ブランドの包丁を使用した料理を提供した。「ブーレイ・アット・ホーム」は、日本政府から「日本食普及の親善大使」にも任命されているデビッド・ブーレイ氏が経営している。

 三星刃物は、刃物の町、岐阜県関市から世界に冠たるブランドを育てる足掛かりになることがこのイベントの目的、としている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社