「チーズ工房 那須の森」の「森のチーズ」が世界ベスト16に ワールド・チーズ・アワード2019

チーズ工房 那須の森 「森のチーズ」

 

 優れたチーズを表彰する「ワールド・チーズ・アワード2019」がイタリアのベルガモで10月18日に開催され、栃木県那須塩原市の「チーズ工房 那須の森」が出品した「森のチーズ(セミハードタイプ)」が「スーパーゴールド」と世界ベスト16に選出された。

 同大会は世界各国から多種多様なチーズが集まる権威あるコンペティションとして知られる。32回目の今年は42カ国から3804品のチーズがエントリーし、過去最大規模での開催となった。

 これまで国際チーズコンテストへの本格的な参加実績がなかった日本だが、国産チーズ18工房30品の出品に向け、動物検疫関連業務の手続きや渉外などをNPO法人チーズプロフェッショナル協会(東京都千代田区)が全面的にサポートし、特例での参加が認められたという。

 日本のチーズは、「森のチーズ」を含めゴールドラベル(金賞)3工房・4品、シルバーラベル (銀賞)1工房・1品、ブロンズラベル(銅賞) 7工房・8品が入賞するなど、健闘した。

 「チーズ工房 那須の森」代表の落合一彦氏は「自分たちの地道にやってきたことが審査員に認められた。入賞してもこれまで通りやっていきたい」とコメントした。

 今年のチャンピオンチーズは、米ログ・クリームリーの「オーガニックブルーチーズ ログ リバーブルー」が選ばれた。

 

・チーズプロフェッショナル協会:https://www.cheese-professional.com/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社