いびきがテーマのウェブコンテンツ「スナックいびき」公開 アイセイ薬局、受託制作サービス「アイセイデザイン」第1号

アイセイ薬局 全12話のオムニバスストーリー「スナックいびき~いびきに悩む男と女」

 

 アイセイ薬局(東京都千代田区)は、ヘルスケア領域に特化した受託制作サービス「AISEI DESIGN(アイセイデザイン)」第1号として、いびきがテーマのウェブコンテンツを制作し、納入した。睡眠時に狭くなる気道を確保する一般医療機器「ナステント」の製造販売を行うナステント(東京都千代田区)から受注した。

 気道が狭くなると発生しやすくなるいびきについて、正しい医療情報という側面だけでなく、より面白く、興味深く伝えることを目的に制作した。「スナックいびき~いびきに悩む男と女」と題した全12話のオムニバスで構成している。

 物語の舞台は、東京にある架空の「スナックいびき」。ストーリーは、そこのママが、実は「いびきのスペシャリスト」で、店を訪れる老若男女の「いびき」に関する悩みを解消していくというものだ。第1話「ぐっすり眠りたい…共働きの妻・ルリ子」は10月15日に公開した。2020年5月までの間に、順次公開する。

 ナステントは、鼻から挿入するチューブ状のシリコン製デバイスだ。チューブの先端は口蓋垂(こうがいすい、のどちんこ付近)にまで到達し、気道の閉塞(へいそく)を予防し、呼吸の確保を助ける効果がある。柔らかい材料で作られているため、多くの人が小さな負担で症状を緩和できるよう設計されている。一般医療機器なので、使用者自身が自分で使うことができるが、購入には医療機関発行の「処方指示書」が必要となる。

 

・URL:https://nastent.co.jp/snore/snack/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社