早稲田大が「WASEDA International Weeks」 キャンパスを中心に60超のイベントを開催

早稲田大学 「WASEDA International Weeks」

 

 早稲田大学(東京都新宿区)は、創立記念日の10月21日から11月下旬まで、国際交流イベントを重点的に行う「WASEDA International Weeks」を実施する。海外で活躍する卒業生とのトークセッションや国際文学館(村上春樹ライブラリー)にまつわるシンポジウムなど、早稲田キャンパスを中心に学内外で60を超えるイベントやシンポジウム、交流会が予定されている。その様子や内容は、ウェブサイトや会員制交流サイト(SNS)などで発信する。一般の人も参加できるイベントも予定している。

 早稲田大は、前身である東京専門学校時代の1884年に初の海外留学生を受け入れて以来、さまざまな国や地域から留学生を受け入れており、現在は年間、125を超える国・地域から約8000人の留学生が学んでいる。

 

・イベント一覧:https://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2019/10/WASEDA-International-Weeks-2019-events.pdf

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社